トイレ埋込み型センサーの交換作業

トイレ埋込み型センサーの交換作業

施設トイレの埋込み型センサーの交換作業を行いました。

設備の点検保守で、数年に一度の交換を行うことは、維持管理費のコスト削減に繋がります。

ひとつのセンサーが故障した場合、該当トイレに「使用禁止」の貼り紙、緊急駆付けの業者依頼、利用者に不便を強いるなどの、手間や費用が、故障の都度発生します。

内蔵電池で働いている埋込み型センサーは、定期的な交換が必須ですので、保守管理機器としてお任せいただくと最適なメンテナンスを行うことが出来ます。